読書と瞑想好きなビジネスマン

はじめまして、フミヤです。

都内に住む30代のサラリーマンです。

趣味は読書と瞑想。

瞑想といっても色々な種類があるみたいですが、マインドフルネス瞑想っていうのをやってます。

マインドフルネスについて知ったのは、数年前。

新宿の紀伊国屋とかよく行くんですが、3階にビジネス書とかあるじゃないですか。

いつもの巡回コースとしては、2階で小説の新刊をチェックして、3階のビジネス書のコーナーで立ち読みするのが趣味。

立ち読みっていっても、気に入った本は買いますけどね。

私の読書スタイルとしては

小説はKindle。

仕事とか勉強用のには紙の本。

という分け方をしています。

3年程前にKindleにしてからは、ほぼほぼKindleで本を買っていたんですが、勉強や仕事で使う本だと、Kindleだと使いにくいんですよね。

なぜ、つかいずらいかというと・・・

・読みたいページに自由に飛べない
・図解があるような本はKindleに向いていない(読みづらい)

という事が言えると思うんですよ。

と、そんな話はいいとして、2年位前かな?

ビジネス書の棚に・・

「実践マインドフルネス」

「グーグルのマインドフルネス実践法」

とかの題名が目立ってきたんですよ。

「マインドフルネス? なんじゃそりゃ?」

と思って、手にとって読んでみると、なんの事はない。

瞑想ですよね、昔からある。

ただ、その瞑想にも色々種類があるらしいんですが、思考を観察して、今この瞬間に気づく瞑想をマイイドフルネス瞑想ということで、欧米で流行っているらしいんですよ。

Googleとかインテルとか。

それが逆輸入っぽい形で、ここ近年、日本でもブームになっているって話。

ということで、読書and瞑想日記ということで、気楽に書いていきたいと思います。